≪アウトリガー・ニンフ釣法≫


アウトリガー・ニンフを文章として表記してみました。

なかなかうまく表現できませんが少しでも参考になって頂ければ幸いです。

≪フィッシングガイドかわせみが得意としている釣法です≫


アウトリガーニンフ・キャスティング動画はこちらへ
・・・・・・YouTube#1YouTube#2

かわせみブログ・・・・アウトリガーニンフ・キャスティング


ドライ・ニンフ・ウェット・ストリーマーを駆使し、長年いろいろな釣り方をしてトラウトをゲットして
来ましたが、北海道でBigトラウトを狙うのであればやはり、ニンフがベストですね。


アウトリガーでのニンフ・フィッシングはショットを付けての釣りの為、慣れが必要となります。
当かわせみでは、マンツーマンにてニンフの釣り方をお教え致しております。


アウトリガーニンフについてご不明点等がありましたら遠慮なくお聞き下さい。・・・・Mail






【アウトリガー・ニンフ釣法

リーダーに目印とショットを付けてフライを川底に沈める釣法です。

(ルースニングと違いロッドの操作で自在にフライを沈ませる事ができます)


アウトリガーの基本姿勢です(ロッドを高く保持する)



アウトリガー・ニンフにて瀬を攻める







≪基本的なリーダーシステム≫


           
                        
                   マーカー・システムの長さは約0.7〜1mです
                  
 ※ロッドの長さにより違います。
 

※私達が使用しているマーカーシステムです。(全長は約0.7〜1m位で4個の目印を付けています)

(例)
○ロッド10feetの場合・・・・マーカーシステム(1m)+1X(50cm)+2X(1.5m)+ティペット3X
                (30〜40cm)が標準です。
○ロッド9Feetの場合・・・・マーカーシステム(0.7m)+1X(50cm)+2X(1.5m)+ティペット3X
                (30〜40cm)が標準です。

※マーカーより下は2m+ティペットの長さにします。
※リーダーの全長はロッドと同じ長さにします。(ティペット分長くなります)




         
              (生産中止)            チヌ用目印で代用


※私達が使用しているマーカーです。


※他の材質で見やすい物を使用して下さい。








≪アウトリガー・ニンフのシステム≫



 ◇リーダーの長さ・・・・・・・・・・・・・基本はロッドと同じ長さとする。(ティペット分長くなります)

 ◇ティペットの長さ・・・・・・・・・・・・約30〜40cm位とする。

 ◇ショットの種類・・・・・・・・・・・・・・0/3・BB・B を使用する。


             

       各種ショット(左から、ツイスト・スプリットショット・ガン玉)



 
    左から、ガン玉外し・シャープナー(針とぎ)      がん玉外し



 ◇ショットの取り付け位置・・・・・・リーダーとティペットの結び目(リーダー側)に付ける。




≪リーダー&ショット基本的使用方法≫


 ◇川の流速&浅深のポイントで、ショットを増減させフライを川底に沈める方法。

 ◇川の流速&浅深のポイントで、ショットを変えずにリーダーの長さをロッドで調整しフライを
   川底に沈める方法。



            


           アウトリガー・ニンフでGoodなレインボーゲット!!






≪アウトリガー・ニンフの基本的なキャストについて≫



 ◇ロールキャストが基本です。(下流から上流へ)

 ◇ロールキャストでは必ずライン&リーダーを一線(張る)とし、ショットを
  水面上又は水面下5cm位に定位しキャストする。

 ◇通常のバックキャストでは、ドライフライのラインを飛ばす感覚ではなく、
  ショットを飛ばす感覚でキャストする事。

 ◇その他:
レスト&ライトキャスト・ダウンショットキャスト・バックスイングキャスト等がある。



≪立ち位置について≫


 ◇基本は自分の前にポイントを持ってくる。



≪フライの流し方≫


 ◇川底を這わすように流す。

 ◇マーカーは基本的に水面上に見えるようにする。

 ◇
重要・・・マーカーを先行に流す。



≪当りの取り方≫


 
◇先行して流れているマーカーが止まった時に合わせる・・・・基本です。
    ※一番分かりやすい当たりは瀬で、次は深場の流れで、難しいのは深くて渦を巻いている
      ポイントです。


 ◇マーカーを川の流速に乗せるように流すことで当りが鮮明に出ます・・・(止まる・沈む・等)

 ◇深さがある場所ではマーカーが沈むのでラインで当たりを取る・・・(止まる・引っ張られる・等)

 ◇マーカーに変化が(止まる・沈む・等)・・・・・ヒットなのか?根掛りなのか?
                                    ↓
                           すべて当りと考え合わせをする事が大事です。

 ◇マーカーへの当りが小さいほど、Bigトラウトの可能性が大きいです。

          ※当りの取り方基本・・・・≪
マーカーを注視する!!



              

                       ワイルド・レインボー





≪基本ロールキャスト≫


 ◇ロールキャストが基本です。(下流から上流へ)

 ◇ポイントは自分の前に持ってくる。

 ◇ロールキャストでは必ずライン&リーダー(ショット・フライ)を下流側にて一線(張る)とし、
   リーダーに付けたショットを水面上又は水面下5cm位に定位し上流へキャストする。

 ◇上流の流れに着水したショットが沈むと同時にラインを張るため余分なラインを手元に引き寄せる。
        (マーカーを先行して流す)

 ◇その状態を保ちながら水深に合わせフライを沈めポイントを通過させる。

 ◇ポイントにフライが入った時、マーカーを良く注視しマーカーに変化が出たら合わせる。



    ≪基本ロールキャスト≫の動画です(ポイントは自分の前にあります)・・・・・YouTube

                  
※最後まで気を抜かずに流しきる事が大事です。



                  

                       Bigなレインボーです





≪バックスイングキャスト≫



 ◇バックスイングキャスト・・・・下流へ流しきったショットを付けたフライをバックキャストで上流へ
   キャストする方法です。

 ◇下流へ流しきったショットを付けたフライを通常のバックキャストでは上流へはうまくキャスト
   する事が出来ません。

 ◇そこで、バックスイングキャストを使います。

 ◇下流へ流しきったフライをバックキャストでピックUPし、フライがバックへ流れたと同時にロッドを
   スイングさせフライをバックで下流側へ向かせて上流へキャストします。



≪バックスイングキャスト≫の動画です・・・・YouTube

 ※画像では見ずらいですが、キャスト時に若干ロッドティップをスイングさせています。


             

                   ヒット!!・・・・ロッドが弓なりに!!






≪ダウンショットキャスト≫


 ◇ダウンショットキャストとは、フライ&ショットとマーカーが同じポイントへ着水させるキャストです。

 ◇たとえば、手前の流れが早く、奥のポイントが緩い流れにフライを沈めたい時に多用します。

 ◇通常のバックキャストでフライ&ショットをポイントへキャスト、フライ&ショットがポイントへ落ちる
   寸前にロッドティップを一瞬止めるとフライ&ショットにブレーキが掛かりポイントへ落ちると同時に
   フライラインを前方へ送り込む事でフライ&ショットが落ちた上にマーカーが落ちます。


 
◇フライラインが流れに乗る間にフライ&ショットがトラウトの居るポイントに沈みます。


               

                 北海道のネイティブトラウト・・・・アメマス



                             渚滑川の風景
           

           素晴らしい川でアウトリガーを駆使しBigトラウトを狙って見ませんか。




北海道フィッシングガイド かわせみ
               担当 アドバイザー 中村



トップへ戻る



HPへ戻る