フライ・タイイング



”かわせみ”では【ニンフをメインに使用しております。


フライ・タイングを写真で表記しております


タイングについてお聞きしたい事がありましたらこちらからお問合せ下さい



ストーンフライ カディスフライ
エッグフライ ヘアーズイヤー
マドラー M・M フライ
S・P フライ



◇上記をクリックして下さい◇



HPトップ



















ストーンフライ



◇河川の綺麗な水に住む水生昆虫です◇

◇ここに記載しているタイイングは基本中の基本です、今後貴方がアレンジしてヒットフライを作り上げて下さい◇

◇撮影用に黄色のボディ材を使用しています◇




【必要材料】
◇Body:各種ニンフタブ用
◇ソラックス:各種ニンフタブ用
◇テール:ストリップドグース
◇リブ:テェンセル・ワイヤー
◇ウィングケース:ターキークイル
◇レッグ:ハックル
◇フック:#6〜#10(ニンフ用)
◇スレッド:6/0
◇ソラックス部分:オーストリッチ

本物@

本物A

本物B
下糸を巻く
(ヘッドセメントを塗る)
テールとティンセルを
取り付ける
ボデー材を取り付ける ボデー作成後
ティンセルを巻く
ウイングケース
(左側をV字にカット)
ウイングケースを取り
付けスレッドで止める
折り返してスレッドで止める
ハックルとオーストリッチ
を取り付ける
ソラックスに再度
ダビング材を巻く
オーストリッチ→ハックル
と順番に巻く
ウイングケースを
スレッドで止める
ウイングケースの余りを
切りヘッドのアンテナを
つける
最後にハーフヒッチで
止めてヘッドセメントを
付けて完了
完成 完成 完成
テール&アンテナを黒に
するのもGoodです




PAGE TOP



















カディスピューパー



◇ここに記載しているタイイングは基本中の基本です、今後貴方がアレンジしてヒットフライを作り上げて下さい◇

◇今回はピューパーを作成しています◇
◇成虫はドライのカディスです◇

◇幼虫は田代フライのヒゲナガカワトビケラ・ラーバを参照して下さい◇


【必要材料】
◇フック:#10前後
◇Body:各種ダビング材
◇ソラックス:ピーコック
◇リブ:オーバルティンセル
◇レッグ:パートリッチ

成虫

ピューパー

幼虫(黒川虫)
下糸を巻く
(ヘッドセメントを塗る)
※ティンセルを取り付ける
ボデー材をスレットに
付けBodyを作る
ボデー作成後、ティンセル
を巻いてスレッドで止める
ソラックス部にピーコック
を取り付ける
ピーコックを巻いて
スレッドで止める
レッグ部にパートリッチ
を付ける
パートリッチを巻いて
止めヘッドセメントを
付けて完成です
完成品

タイイング用マテリアル(左より)

 ◇ダビング用ワックス
 ◇ティンセル
 ◇パートリッチ
 ◇ピーコック
 ◇ダビング材

完成A
(ヘッド部はヘアーズイヤー使用)
完成B
(レッグ部はパートリッチ使用)
タイイングマテリアル
※画面をクリックすると
大きくなります




PAGE TOP




















エッグフライ
      エッグをくわえたニジマスです


◇今回はエッグフライです◇

◇エッグにはいろいろなカラーがありますので3種類ほど用意されたほうがよろしいですよ◇

◇一般にエッグフライは管理釣場のイメージがありますが北海道では大切なアイテムです◇

◇ここに記載しているタイイングは基本中の基本です、今後貴方がアレンジしてヒットフライを作り上げて下さい◇

※ポイント・・・下巻きは2回程巻きヘッドセメントを付ける事。
※ヤーンを取り付けた後に、ヘッドセメントを付ける場合はあまり付け過ぎない事




◇スレッド 0/3
◇エッグヤーン(各種)
◇フック:#10前後
◇丈夫にする場合は
  (瞬間接着剤を使用する)
【必要材料】 必要材料の写真
※画面をクリックして下さい
フックの返しをつぶす エッグヤーンを
2〜3本用意
下巻きを2回程し
ヘッドセメントを塗る
エッグヤーンを2〜3本を
スレッドで巻き付ける
スレッドを一回まわし
ヤーンを離しスレッドを
絞り込みフレアーさせる
フレアー後スレッドを4巻
位してスレッドをヘッドで
ハーフヒッチで止める
ヤーンを上方向に摘み上げる 上側をはさみでカットする 下側をカットする為にフックを
反対にセットにする
ヤーンを上方向に摘み上げ
下側をカットする
上側・下側をカット完了 フォーセットに挟み
シザースで形を整える
完 成
※最後にライターで軽く炙る




PAGE TOP



















ヘアーズイヤー




◇今回はヘアーズイヤーのタイイングです◇

◇極小サイズではミッジとなり、通常サイズではゴカゲロウパターンとして使えます◇
◇結構応用範囲の広いパターンです◇

◇ここに記載しているタイイングは基本中の基本です、今後貴方がアレンジしてヒットフライを作り上げて下さい◇



クリックして下さい

クリックして下さい
マテリアル一式です 羽を適度の幅に切り
ウィングコートを塗る
(ウイングケース)
フックに下巻きをし
ヘッドセメントを塗る
ハックルを適量切り取る

切り取ったハックルを
フックに取り付ける
(テール)
銅線を取り付ける
スレッドにワックスを塗る ダビング材
(ヘアーズイヤー)
をスレッドにより付ける
ダビング材
(ヘアーズイヤー)
をボデーに巻きつける
ボデーの上へ銅線を
巻きつける
ウイングを取り付ける ヘッド部にヘアーズ
イヤーを巻きつける
ウイングをヘッド側へ
折り返しウイング
ケースを作成する
ウイングをカットし
スレッドを
ハーフヒッチで止める
フライをひっくりかえして
ニードルでレッグを作成する
完成です

クリックして下さい

クリックして下さい


※フックのサイズはニンフ用#10クラスです。

※容姿端麗に作成しないで、これはゴミかなと思うくらいの方が
  魚には好まれます。

※本当に結構おおざっぱに作っても大丈夫です
完成したヘアーズイヤー
です
完成したヘアーズイヤー
です




PAGE TOP



















マドラー(ゾンカータイプ)


ゾンカーを使ったマドラーです

ストリーマーのように引っ張っても良し、また自然に流してもGoodです

天然素材のフライはどこか魅力があります
◇ゾンカー部分の色を変える事によってバリエーションが沢山出来ます◇

◇ここに記載しているタイイングは基本中の基本です、今後貴方がアレンジしてヒットフライを作り上げて下さい◇



材料です
(ゾンカー・デアヘアー・
ティンセル・フック)
スレッドで下巻きをする ティンセルを巻く
(フロント〜リア〜
フロントへ)
余分なティンセルを切る
取り付けるゾンカーの
長さを決める
(約フックの1.5倍)
ゾンカーのフロント
部分をV字に切る
V字に切った部分を
薄くする。
(段差を無くすため)
ゾンカーをフックに
取り付ける
デアヘアーを適量
カットする
デアヘアーをフックに
取り付ける
1回目のデアヘアーを
取り付けフレアさせます

2回目のデアヘアーを
取り付けます
2回目のデアヘアーを
取り付けフレアさせます

デアヘアーを指で
フロントからリヤ側へ
押し付ける
ハーフヒッチで止め
スレッドを切る
ヘッドにセメントをしみ
込ませる
ヘッド部分が完成


ハサミでヘッドのデア
ヘアーをカットする
ハサミでヘッドを
粗切りする
ハサミでヘッドを
整えて完成
完成(リアから見る)


完成(フロントから見る)




PAGE TOP


















M・M フライ



       ◇通称・・・もじゃもじゃフライ!!
       ◇どの水生昆虫には似ておりません・・・アトラクター的フライです。
       ◇釣れますか?・・・釣れますが、沢山釣れるフライではありません。
       ◇いかに、使いこなすかです。
       ◇使い続けることでパイロット・フライへ昇進します。



※サイズ&カラーは各自の好みで作成して下さい。


◇カーフテール(各色)
◇ダビング材(各色)
◇フック(#10クラス)
◇ビーズ(各サイズ)
◇オバールティンセル(S
◇ダビングツイスターで左記の物を作成しておきますと楽ですよ。
クリック・・・大画面

1 2 3 4

ビーズをヘッドに付け
スレッドで下巻きをする




カーフテールを適量
切り取る


スタッカーでカーフ
テールの先端を揃える

フックにカーフテールを
取り付ける。
5 6 7 8

オーバルティンセルを
取り付ける





ダビング材を取り付ける

ダビング材にオーバル
ティンセルを巻きつける

左記のダビング材を
フックに巻き付ける
(指でダビング材を後へ)
9 10 11 12

ダビング材を巻き終
わりましたらスレッドを
止めます




ダビング材をかき出す

ヘッドセメント付ける

完成です




PAGE TOP


















S・P フライ




          ◇アトラクターフライです。
          ◇主にアメマス&カラフトマスに使います。
          ◇カラーを選ぶ事でパターン多数。
          ◇とにかく簡単に作成できる。
          ◇基本的にはルースニングで使用します。


※サイズ&カラーは各自の好みで作成して下さい。




◇使用材料&マテリアル◇
◇各色:シェニール
◇各色:ファイバーマテリアル
◇各色:マラブー
◇Gビーズ
◇フック #8クラス
(1) (2) (3)

Gビーズを入れる前に
下巻きをする。
ヘッドセメントを塗る Gビーズを取り付ける
(4) (5) (6)
マラブーを取り付ける
ファイバーマテリアル
&シェニールを取り付ける
シェニールをヘッド側へ
(7) (8) (9)

ファイバーマテリアルをヘッド
側へ、下地のシェニールが
見える程度の間隔で巻く
ヘッドセメントを塗って完成 各色の完成フライです




PAGE TOP